借り換えローン比較ランキング【 借り換えの基準は金利にあり】

借り換えの基準は金利にあり

借り換えを行う上で最も重視される基準は『金利』です。ところが、この基準となるはずの金利は、金融機関によって一定でなく、バラバラなのです。

大手の金融機関では、一応、優良の企業向けの短期貸し出しのレート+1%を基準としているのですが、新興のネット銀行などはまた別の基準を設けているらしく、大手銀行と大きな開きが存在しているのです。

現在、ネット銀行の金利の基準は明確になっておらず、個別に把握して比較するしかないのが現状です。

それでは、大手銀行とネット銀行、どちらの銀行の金利の基準が借り換えに際しては有利となってくるのでしょう?これが実は正直なところ、ケースバイケースであると言うのが現状、という他ないのです。

見た目では大手の銀行の基準金利の方が低いのですが、優遇金利を算定して金利を引き下げるとなった場合は、ネット銀行の方が引き下げ率が高くなってくるのです。

つまり、金利自体を比較の基準にすることはできますが、最終的な判断は、その他の諸経費の比較となって来るのです。

借り換えの基準を金利とした場合は、金利自体の数字に惑わされることなく、トータルでの数字で最終判断するという、慎重な比較が利用者に求められてくるのです。




前の記事